プロのライター女性が絶賛したロマロマとは?函館の地元民もおすすめ!

今回はプロのライター女性が函館の街並みを楽しみながら市電に揺られて見つけたおすすめカフェの感想レビューです。

函館に訪れた際の参考になると幸いです。

子育て時代には、育児に纏わるミニコミ誌を、全国の仲間と手を取り足をとりしながら発行を続けました。

書くことが好きで、少し離れてはさみしくなり、やはりものを書く仕事から離れられず情報発信を続けています。

家の都合上、仕事の都合上、北海道・函館の街はとても近い存在でおすすめな街です。

函館にあるおすすめのお店を知ったきっかけ

若いころは有名な観光地ばかりに足を運んでいましたが、ある程度年齢を重ねるようになると、「丁寧な暮らし」を求めて生活を変えるようになります。

求めるお店も「どこどこのなになに」よりも「丁寧な店づくりをしているか・店主に思い入れはあるか・一定の志向のセンスでまとめられているか・自分自身の感覚や体感の雰囲気」重視に変わり、心地よい場所、心地よい空地、心地よい居心地を探すようになりました。

函館には市電が通っており、観光地含め函館の街を楽しむには市電を足に使うと景色を楽しみながらお店も見つけることができます。

そのお店は「ロマンティコ ロマンティカ」という地元民にも人気のレトロなカフェです。

ある程度はネットで目星をつけて置き、市電に揺られながら心に残った店を見つけ喜び利用したのがきっかけです。

函館と言って浮かぶ色は赤煉瓦のセピア色。そのイメージに包まれながら目にする店の、レトロでかつビビットな水色の店舗はいやおうなく心地よく目に飛び込んでくるのです。

メニューの数々も、焼き菓子一つとっても種類ごとにきれいに区別しカジュアルでポップに並べられ、選ぶ楽しさも味わうことができます。わくわくした気持ちを抱きながら選ぶことは楽しいものです。

地元民イチ押しのロマロマは盛り付けも楽しめる!

外観も内装も、店独自のポリシーにあふれ、嫌みなくオンリーワンを前面に出しています。

外装もおしゃれなので若い人から、年配のおじいちゃん・おばあちゃんのデートにも似合いそうで、雑誌の取材をしたくなります。

メニューの種類も多いので、店が気に入ったなら何回通っても次々違う味を楽しめて飽きが来ない、また私のように毎回同じドリンクメニューを繰り返し頼んだとしても、eatするデザートで違う気分を楽しめるので最高です。

もちろんフードメニューやデザート系もおいしいですが、その盛り付けも嬉し楽しく、今流行りの『ばえる』写メを楽しめそう。フェイスブックやインスタなどに投稿する楽しみも味わえます。

店内で投稿写真を集めるのもおすすめですが、函館カラーのセピア色のイメージに引き立つおしゃれな外観もぜひ写真に収めてほしいほど素敵です。

洋館特有の入り口、窓、作りがたまらなくおしゃれです。通りの向こうから全景を入れてぜひ写メってほしい洋館です。

手土産や内祝いなどにも自信をもって使えます。道内の知人は結婚式の二次会にも使用したようです。

ロマロマのおすすめは「レトロな癒し」で雰囲気を楽しめる!

外観ももちろん中の雰囲気も良く、女性同士気持ちよく店内を利用できますし、デートで使ってもおしゃれです。

個人的にはうんと歳を重ねたおじいちゃん、おばあちゃんの老夫婦が利用していたらおしゃれだなといつも思います。

今は新型コロナウイルスの影響で気軽に旅行できるような状況ではないかもしれませんが、シルバーの旅行などで函館を歩く際にはぜひ足を休め、おしゃれレトロなこのカフェに寄ってほしい、その時は仕事と称して取材をおねがいしたいと思わせてくれるカフェなのです。

どこかに取材に行き、文章を書く仕事をしていると、気に入った店の一つ一つに自然にあてはまる物語が生まれてきます。外観も店の中の雰囲気も、ただのカフェでない、映像が似合う、文章を書きたくなる感情が生まれてくるのです。

そういった気持ちにさせてくれるお店は少なく、大概は店主の思い入れが強かったりします。

どちらかというとメジャーではない、流行りすたりのあまりない、飽きの来ない、ファンがついている店に多く、それはなぜかと尋ねられたら、ほぼ、店を開くときに持ったイメージを大切にしている、丁寧に続けている、という証なのだと思います。

そういった雰囲気や思いが、外観、内装、開店当時からのメニューから伝わってきます。

ロマロマの気になった部分

ポップな雰囲気、明るさがありとても清潔ですが、パーテーションや一部照明の暗い場所をつくると、もう少し万人受けがすると感じます。

函館へ出向くたびに利用していましたが、気持ちが沈みがちな話をしなくてはならないようなときには話をしづらい雰囲気があります。

最後に ロマロマの楽しみ方!どんな人におすすめ

雰囲気を楽しみながら、時には一人でまったりしたい人や、一緒に行く人がどんなものを頼むか想像ができないときがある人、そして、豊富なメニューのある店が好きで、メニュー全制覇することに喜びを感じる人、また、豊富なメニューを全制覇することが好きな人を知っている人、などにおすすめです。

もちろん、ぜひたくさんの味を味わってもらいたいし、昼と夜では店の外観の雰囲気が違うので、写真に収めることを提案、そして自慢のインスタ、フェイスブックなどのSNSで発信してほしいなと思います。

その際には、ただ「行ってきた」的な発信だけでなく、自分が雑誌の1ページにこの店を紹介するような気持ちで、その楽しさを味わってもらいたいです。

お店の紹介

お店:ROMANTiCO ROMANTiCA(ロマンティコ ロマンティカ)
住所:函館市弁天町15-12 1F
電話:0138-23-6266
営業時間:11:00~23:00
定休日:火曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です