40代女性を癒す波の音の宿 しおさい亭とは?函館の温泉付き-ホテル

今回は、函館が好きで何度も旅行で訪れるという40代女性が函館の湯の川温泉にある「平成館 しおさい亭」に宿泊したときの感想レビューです。

函館に旅行で訪れる際の参考になると幸いです。

おすすめは非現実的な癒しの空間!

せっかく函館を訪れたなら、ノスタルジックな街並みの西部地区もいいけれど、函館を隅々まで満喫しようと思い、異国情緒かおる奥座敷、湯の川温泉が良いと思い「平成館 しおさい亭」に宿泊しました。

温かいお出迎えを受けて館内に入ると、真正面に見える海と遠くに函館山が見え、まるでリゾートホテルを想像させるかのような癒しの空間に息をのみました。

チェックインで丁寧な施設案内・説明、スタッフの接客対応のクオリティの高さに気分もアゲアゲ。

建物自体が少し古いからでしょうか、少々薄暗い通路を歩いてお部屋へ案内されました。

お部屋は、オーシャンビューの畳の和室で、古さの年季は感じるものの、隅々まで清掃されている清潔感があり、客室内の数々の備品にも手が加えられている感じがして、細部まで行き届いている印象を受けました。

出典:しおさい亭公式HP

客室の窓からの風景は、左側に恵山が遠くに見え、そこからの湾曲に伸びる海岸線、正面には津軽海峡と遥か彼方に見える青森(大間)、右側には函館山と立待岬とパノラミックな絶景に感動しました。

ボケーっと部屋の窓から、うみねこ(カモメ)が風に流されそうになったり、海に浮かんでみたり、仲間と戯れていたり、心地の良い波の音をBGMに観察して、静かなゆっくりとした癒しの時間が流れました。

日が暮れてくると、長広くイカ釣り漁船の漁火が段々と明るさを増してきて海面を照らし、とても幻想的で情緒あふれる景色でした。

出来れば高層階の客室ねらいがオススメですが、特に遮る建物がないので下層階の客室でも十分です。逆に、下層階の客室だと波の音が聞こえて風情を感じるかもしれませんね。

一押しは目の前に広がる海と日本庭園に囲まれた露天風呂に魅了される

くっきりと光り輝くダイヤモンドのような眩しいくらいの日の出もしっかり味わえます。

湯の川と言ったら温泉!函館には540万人の旅人が訪れ、そのうちの130万人程度が湯の川の温泉付きホテルに宿泊するそうです。

窓一面に津軽海峡が広がる展望大浴場、ガラス越しに日本庭園が広がる大浴場、石庭に囲まれた露天風呂がありました。

出典:しおさい亭公式HP

大浴場は時間帯で男女が入れ替わるシステムです。4階と7階に大浴場があります。

4階は石庭に囲まれるような感じで純和風を感じさせる露天風呂が魅力的でした。7階の大浴場は、天井までの大きなガラス張りの窓から海が広がり、海側客室の眺めと同様、恵山~立待岬まで一望できます。

湯の川のお湯は少し温度が高めな気がしました。短時間でも体の芯からポカポカになり、お肌もツルツルになります。わりと塩分高めの湯質な感じもしました。

海沿いの温泉付きホテルということもあり、心地の良い波の音を聴きながら入る温泉は、身も心も癒されエネルギーが溢れてきます。

温泉付きホテルでリーズナブルにアロマエステもできる!

4階には「スパ ヴィサージュ」もあり、観光地なのにリーズナブルでお手軽コースから本格フルコースまで対応する、メニュー豊富なエステサロンがありました。

出典:しおさい亭公式HP

大浴場と同じフロアーにあるので、温泉でポカポカになった状態の身体で施術すると相乗効果が期待できるそうで、身体も顔もピカピカになりました。

ビュッフェスタイルで新鮮な海の幸と60種類以上の豊富な種類に感動!

そして、待ちに待ったホテルの夕食へ…

今回、私がチョイスしたプランは朝夕食共にブッフェスタイルでした。

夕食会場はとても広く、和洋折衷ブースで分かれていて、何がどこにあるのかわかりやすく親切な設定でした

函館名物、北海道ならではの郷土料理をはじめ、新鮮な刺身、ラーメン、ステーキなどなど、目移りする程の60種類以上の品揃えでした

そして、ライブキッチンもあり、目の前で調理してくれるという心意気にも感動。作り立てホカホカの温かい料理を楽しめました。

品揃えも猛烈で、和洋折衷な料理、子供も喜ぶメニューもたくさん用意されていました。
温泉付きホテルなだけでも癒されるのに、食事の面でも満喫できて至れり尽くせりなホテルでした。

出典:しおさい亭公式HP

もちろんカニは食べ放題♪ 

安い旅館のスカスカなカニとは違い、みっちりジューシーなカニが提供されていました。

全て食べれなかったのが心残りですが、食事はどれも美味しかったです。

朝食も、和・洋と、これまた品揃えが多く、そして嬉しいイクラ食べ放題♪でした

しおさい亭の気になったところ

デメリットは建物が少し古いのと、通路が少し薄暗い感じがしました。

場所が温泉街なので、観光名所でもある函館山や元町まで少し遠いいため、レンタカーなど車がないと不便かも知れません。

「しおさい亭」を考えている人にアドバイス

今回、私の選んだ宿泊プランは2食ともブッフェスタイルでしたが、「平成館 しおさい亭」には「別館 月花」があり、こちらは客室露天風呂があったり、食事は部屋食などアップグレードしたプランもあるので、夫婦水入らずやカップルの方にはそちらもおすすめだと思います。

最近の函館は新幹線の影響なのかホテルラッシュで、値段が高いホテルが多くなりましたが、温泉付きホテルで食事も新鮮で値段もリーズナブルな「しおさい亭」は十分に函館旅行を満喫できるホテルだと思います。

少し年季のあるホテルですが、コスパ最高、スタッフのおもてなし最高、景色・温泉・食事と文句なしのお宿でした。

湯の川温泉から歩いて行ける観光スポット

函館市熱帯植物園

「平成館 しおさい亭」ホテルマップ情報

ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です